Foto: Gobierno de México
ArtículosConsejos LegalesJaponés

電子署名によるオンラインでの契約締結

COVID19 パンデミックにより、ビジネスにおける技術の使用が予想していたより急激に増えています。オンラインでの会合、インターネットを通しての物やサービスの取引もかなり多くなっています。これにより、契約の仕方が変わり、同時に、以前よりも増して効果的になりました。

ほとんどの国で、電子署名をすることは、契約の条件を受け入れる意思を示す契約形態であると認める法律が存在します。メキシコも例外ではありません。商業取引場において、メキシコの税務局では、電子署名を採用しています。

現在、当公証人役場兼法律相談事務所では、電子メールで当事者に当事務所の契約管理ポータルサイトにアクセスし、書類を確認し、電子署名をして、その契約書が法的に有効のものであることを当事務所が証明することを行う契約書の作成、署名の管理サービスを提供しています。

メキシコの商法で取り決めているように、電子署名によって締結された契約は、書類に肉筆で署名したものと同じ効力を持っています。

電子署名契約をすることは、時間や費用を削減し、効率的な業務を実施し、法的保障も得ることになります。

アグアスカリエンテス公証人役場兼法律相談事務所12番は、そのサービスを提供します。

You may also like

Leave a reply

Tu dirección de correo electrónico no será publicada. Los campos obligatorios están marcados con *