Pixabay // Edar
Japonés

通常集会

企業が実施しなければならないものに、年1度の通常集会があります。年度終了後4か月以内、つまり、1月から4月の間の実施が決められています。

会社法で、実施しない場合の罰則が規定されていないため、経営者は、この集会の実施をあまり重要なこととは思っていないようです。しかしながら、連邦税法第28条、Iにおいて、納税者は、会計処理をし、会社の帳簿、記録を残さなければならいと取り決められ、つまり、年1度の通常集会の議事録は、会社の要求される書類の一部とされています。

同様に連邦税法の第30条では、会計処理を義務づけられているものは、税務局が要求した場合、その書類を提出しなければならないと規定されているため、各企業は、公証人兼弁護士に相談し、企業の権利に関して正しいアドバイスを受ける必要があります。

You may also like

Leave a reply

Tu dirección de correo electrónico no será publicada. Los campos obligatorios están marcados con *