ArtículosConsejos LegalesJaponés

企業の個人情報通知

今日、すべての企業が何らかの種類の個人データを収集し、データベースに保管しています。それらは、会社と関係のある得意先、協力メーカー、個人、パートナー、その他第三者のデータです。

前述の結果から、企業は、連邦個人データ保護法で取り決められた内容を遵守する義務があり、個人情報の使用目的、本人の持つアクセス、確認、取り消し、反対の権利を知らせるため、いわゆる個人情報通知をしなければなりません。

個人情報報通知は、物理的、電子データまたは管理責任者が使用するあらゆる書式による個人情報を本人が閲覧することができ、個人データが収集された瞬間からデータの処理目的を知らせるものです。

この文書を通して、本人に収集した個人の情報とその目的を知らせ、個人情報へのアクセス、確認、取り消し、反対の権利の履行ができることと、履行方法を知らせます。

罰金を科せられないためには、すべての企業が個人情報通知を採用してをいる必要があります。

You may also like

Leave a reply

Tu dirección de correo electrónico no será publicada. Los campos obligatorios están marcados con *