ArtículosEl mundo del vinoJaponés

ワインの第3アロマ

第3アロマとは

ワインを楽しむことは、感覚の経験をすることであり、味覚、視覚、臭覚をつかって楽しみます。

今月号では、樽の中での成熟、ボトル内での熟成によって生まれるブーケとも呼ばれる第3アロマについて説明します。

第3アロマは、慣れてくると、代表的なバニラの香り、ココナッツの香り、スモークの香り、チョコレートの香り、コーヒーの香りをかぎ分けることができます。また、ボトルを保管中にも新たなアロマが作り出され、これは通常熟成と呼ばれます。

分類例

  • 動物臭: 油っぽい、野生動物の肉、皮、樹脂、なめし皮の匂いなど不快なにおい(猫のおしっこ、牛の汗)
  • バルサミコ: 樹脂接着剤, ジュニパーの油、松、バニラ
  • 木材: 樫の木の皮の匂い、青い木、古い木、アカシア、樫、杉、鉛筆、樽板、木の皮、葉巻の箱、ビャクダン
  • エステル: 発行した度の高いアルコールの匂い、アセトン、マニキュア、イースト菌、バナナ、石鹸、発行したトウモロコシの粉、小麦、馬小屋、酸性乳、アミル、蝋
  • スパイス: シナモン、アニス、イノンド、ウイキョウ、食用キノコ、トリフ、甘草、オレガノ、マジョラム、樟脳、ラベンダー、緑の甘唐辛子、ミント、ナツメグ、チョウジ、ショウガ、にんにく、玉ねぎ
  • ロースト: 燻製、焦げ、たばこの煙、カカオ、チョコレート、キャラメル、タフィー、線香、トーストしたアーモンド、トーストパン、発火石、砥石、火打石、ゴム、なめし皮、コーヒー

来月号では、樽の違いとそれぞれどんな特徴があるかについて説明します。

You may also like

Leave a reply

Tu dirección de correo electrónico no será publicada. Los campos obligatorios están marcados con *