Japonés

メキシコのスパークリング・ワイン

メキシコでのワイン生産の歴史はまだ浅いのですが、ワイン生産者の中にはスパークリン
グ・ワインを生産しているところもいくつかあります。
今月号では、12月の宴会の季節にちなんで、飲んでみる価値のあるものをいくつか推薦し
てみたいと思います。
1.-ビノ・カサ・デ・ピエドラのピエドラ・ブラン・デ・ブラン・スパークリング・ワイン
ピーチ風味のライトなフルーツ・スパークリング・ワイン、バハ・カリフォルニア州サン
・アントニオ・デ・ラス・ミナス産ソービニョン・ブランの葡萄使用。香りは、柑橘、青
りんご、バター。舌触りは、酸味とフルーツ味がするが最後は苦みを感じる。マグロ、サ
ーモンなどの赤身の魚に合うワイン。
2.-フィンカ・サラ・ビべのビニャ・ドーニャ・ドローレス・ブル・レセルバ・スパークリング・ワイン
ケレタロ州エセキエル・モンテスのワイン生産地産。シャルドネ、マカベオ、シェニン・
ブランの葡萄をミックスしたもの。香りは、青りんご、なし、柑橘、舌触りは、驚くよう
な酸味と花の風味がするが、最後はドライな感覚。シーフードに合う。
3.-ビノス・アナロヒアのアナロヒア・スパークリング・ワイン中辛口
なしと花の香りがするマカベオ、シャルドネを基本とするケレタロ、サカテカス、アグア
スカリエンテスの3地域のブドウの混合。舌触りがさわやかで、ライト、少し甘めで、滑
らかな後味が残る。デザートに合うワインで、特に新鮮な果物を使ったデザートに合う。
4.-ボデガス・バイベンのスパークリング・ワイン・インプルソ
きめ細かい泡のミディアム・ボディの甘口でソフト。柑橘と花の香りが強い。舌触りは、
フレッシュであるが、後味はフルーツ味で軽く甘さがある。ケレタロ州のエセキエル・モ
ンテス産のものもある。辛い料理、新鮮チーズに素晴らしくよく合う。
是非、12月のパーティの季節に、これらの中からお好みのメキシコ産スパークリング・ワ
インを試してみて下さい。

You may also like

Leave a reply

Tu dirección de correo electrónico no será publicada. Los campos obligatorios están marcados con *