Foto: Manuel Escamilla
Japonés

ノベンタ・アルキテトゥーラ・ワークショップ、詳細を追求する情熱

ノベンタ・アルキテクトゥーラ・ワークショップの創立者兼社長であるルイス・エリック・ゴメス・デルガード氏は、若いころから、建築家になり、建築に関連する仕事をしたいと思っていました。

大学を卒業と同時に、通信運輸省に就職し、ここで人生を変える、専門分野に関する経験と人生で重要な出来事を経験しました。それは、ハリケーン・マヌエルとパウリーナがゲレロ州を襲い、インフラを大幅に破壊したことから始まりました。

 連邦政府は、すぐに復旧隊を派遣しました。その復旧隊の一員としてルイス・エリックが選ばれ、現場の工事担当になりました。ここで、大きな工事の責任者として大規模な橋の復旧工事を行ったことで、技術的な知識を増し、州民のためになる復旧工事に携われたことで、個人的な満足感も得ることができました。

その後、地元のアグアスカリエンテスに帰り、2016年に顧客が設計の段階から総合的なサービスを受けられる近代建築事務所を開設する決心をしました。サービスの中には、メキシコではとても複雑な建設手続きの管理や顧客の期待を満足させるための工事請負から、納入までのすべての詳細を確認することが含まれています。

You may also like

Leave a reply

Tu dirección de correo electrónico no será publicada. Los campos obligatorios están marcados con *